Home > 暮らしの中のエコ > キッチンの発展

キッチンの発展

深夜電力についてです。

普段人が寝ているであろう夜間は安い電力を使うことができます。

これは先に述べてきたように夜間蓄熱式機器を使用している家庭にとってはとてもお得な契約です。

夜間電力には23時から7時までの8時間契約の深夜電力Aと深夜電力Bがあります。

1時から6時までの5時間契約もあります。

これは第2深夜電力とあります。

どの様にして選ぶのかというと、これは使用している電気温水器の種類によるそうです。

おトクなナイト8・10はいったいどのような契約でしょうか。

これは電気料金を割安な夜間23時から7時までと割高な22時から8時までの二種類があります。

前者がおトクなナイト8、そして後者がおトクなナイト10です。

この契約では電気温水器などを利用していなくても契約することができます。

誰でも契約ができます。

日中家に人がいない様な家庭ではこの様な契約が適していると思います。

夜型の生活に向いた契約です。

オール電化住宅ではあらゆる家電を電力で補いますから、この電力会社との契約はよく考える必要があります。

お得である深夜電力を上手に使えば光熱費の削減が大きくできるかもしれません。

普通、一般家庭では給湯にかなりコストがかかります。

ですから深夜電力でお湯を沸かすエコキュートを利用することで、まず大きく光熱費をダウンさせることが可能です。

コストを大幅に削減できるでしょう。

日常生活で使う電力をその時間帯にすることはそう難しいことではないでしょう。

今は家電も素晴らしいものがたくさんあります。

タイマーだって当たり前のようについています。

ですから、深夜であっても寝ていたとしても、その深夜の電力を利用して家電を動かすことは不可能ではないのです。

高い設定の昼間の電気代を使わなくても何とか生活できる世の中であることは間違えないでしょう。

電気の契約についてもう一度見直してみるのはいかがでしょうか。

太陽光発電も使い方によっては国や電力会社から恩恵を受ける事ができますので調べてみると良いと思います。

Comments are closed.

TOP