Home > 太陽光発電諸々 > 中国での太陽光発電

中国での太陽光発電

中国の太陽光発電業界では、国内での需要創出は簡単ではないことが予測されおり、風力発電と同じように太陽光発電も内需が出てこればよいのですが、何故ゆえに太陽光発電が伸びないのかと言いますと、風力と比較して導入する費用が高くて出力が小さいという問題から国産化が難しく、この課題をクリアするためには大きく立ちはだかるのが、コストという最大の問題です。

政策として低くは抑えられているのですが、これは太陽光発電の費用が高いからであり、風力発電との差を埋めるためには多額の予算が必要で、個人の環境意識に頼って普及させ量とするのは限界があります。

今の中国は、一部の地域でバブルが発生していて金持ちが増えていますが、その地域は建物が密集していて空間コストも高く、発電交換効率の高い太陽電池が求められていますが、今の中国にはそのような技術はないので、日本製の太陽電池を購入するしかないのですが、高性能な日本の太陽光発電は更に高くて買えないのです。

日本での新開発による低コストは世界からも期待されており、成功すれば中国のような各社社会においても普及できる見通しがありますし、目が離せない状態となっています。

Comments are closed.

TOP