Home > 太陽光発電政策 > CIGS型の太陽電池 太陽光発電政策は見習わなくはいけない

CIGS型の太陽電池 太陽光発電政策は見習わなくはいけない

ドイツ人は週末日本人のように、街に観光に行くよりは、自然に接するために山登りをしたりするのが一般的な過ごし方なようです。

また国民の生活水準が高いのも上げられます。

環境問題に取り組むためには、ある程度生活水準が高くないと難しいと思います。

明日の生活にも困る状態で環境に気を配ろうといわれても取り組み人は稀でしょう。

またドイツは自治体の活動が大きいのです。

自治体は一般家庭に対して環境意識を常に根付かせるように促しているのです。

具体的にドイツの一般家庭は何をしているかというと、資源あまり使わずゴミが出来ないように工夫されています。

ゴミの仕分けはもちろんのこと、水の節約するようにトイレなど工夫されています。

またスーパーでは、できるだけゴミが発生しないようにあらゆる工夫がされています。

例えばできるだけ商品は包装しないようにしていますこのようにドイツは、環境問題に対して取り組みが大変進んでいます。

そのため、太陽光発電も積極的に政府が補助金を出して普及させようとしているのも頷けますね。

日本は、ドイツ人と気質が似ているといわれているし、成熟した社会を形成しているので、環境先進国になれるようにもっと努力していかければいけませんね。

そのためにも太陽光発電をもっと普及が進むように日本政府が後押ししなくてはいけないと思いますね。

Comments are closed.

TOP